バンコク旅行記⑥〜ソイカウボーイの誘惑〜

皆さんこんにちは。

高松ゲストハウス Traditional ApartmentのDaisukeです。

バンコク旅行記も⑥となりました。前回のブログではタイに来たら行くべきアユタヤ遺跡について書きましたが、

今回もバンコクに来たら見た方が良い場所、ソイカウボーイについて書きます。

ソイカウボーイというのは、いわゆる歓楽街でバンコクではバッポン通りナナプラザと並んでバンコクを代表する歓楽街の一つです。

歓楽街と聞くと、男性が行くところというイメージですが、実際に通りを歩くと女性もたくさんいますので、女性グループで行くのは良いかもしれません。

 

ーーーーーーーーーーーー

ソイカウボーイ

そのストリートに並んでいるお店の殆どはゴーゴーバーと呼ばれるスタイルとなっており、女性がステージの上で踊りその周りに座る客に酒を提供しています。

ちなみにですが、基本的にタイ人は入店ができないみたいです。

タイ人の友人に聞いても行った事がない人ばっかりでした。

ソイ・カウボーイ(カウボーイ通り)という名前は、米兵のT.G “Cowboy” Edwardsがこの地でバーを開いたことが由来だとか。

 

通りを歩いていると肌を露出した女性が声をかけてきます。

日本だと身体に触れたりする客引き行為は禁止されていますが、ソイカウボーイではお構いなしでグイグイ引っ張ってきます。

 

こんな感じで腕をがっちり掴んで店に引っ張り込もうとします。

 

 

ソイカウボーイへの行き方です。

BTSのアソーク駅から徒歩5分くらいの場所にあります。

 

ソイカウボーイに行く前、行った後に食べたいタイ料理。

 

ソイカウボーイ近くの僕のオススメのお店を紹介します。

 

ーーーーーーーー

イムちゃん

屋台っぽい雰囲気で安価な値段でタイ料理が食べられます。

ビール飲んでお腹いっぱい食べても1,000円〜2,000円以内で十分に収まります。

 

パッタイ。

値段忘れましたが、200円くらいだったと思います。間違ってたらすいません。

ごちそうさまでした。

 

イムちゃんの行き方です。

 

 

 

BTSのプロンポン駅を降りてすぐにあります。

住所:669 ปาก Soi Sukhumvit 39, Khlong Toei Nuea, Khet Watthana, Krung Thep Maha Nakhon 10110 タイ

電話番号:+66 89 813 7425

営業時間:月曜日〜日曜日(7時〜22時)

 

日本人も比較的多いお店ですので安心していけます。

 

以上、バンコク旅行記でした。

 

ーーーーーーーーー

 

高松ゲストハウスTraditional Apartmentの前回までのブログはこちらから

↓↓

バンコク旅行記①〜沖縄からバンコク編〜

バンコク旅行記②〜メークローン市場編〜  

バンコク旅行記③〜ナイトマーケット編〜 

バンコク旅行記④〜ワット・プラ・ケオ、ワット・パークナム編〜 

バンコク旅行記⑤〜アユタヤ遺跡編〜

 

4 Comments

  1. イムちゃんの行き方ですがBTSのプロンポン駅ではなく、アソークかスクンビットでは無いでしょうか?

    1. ご指摘いただきまして誠にありがとうございます。地図が間違って添付されていたようです。
      修正させていただきましたので、こちらで正しい表記になっているかと思います。

    1. ご指摘いただきまして誠にありがとうございます。地図が間違って添付されていたようです。
      修正させていただきましたので、こちらで正しい表記になっているかと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です