ヒーロー

Blog

中村達也さんご来館〜高松ゲストハウスTraditional Apartment〜

みなさんこんにちは。
高松ゲストハウスTraditional ApartmentオーナーのDaisukeです。

こちら「オーナーのつぶやきコーナー」は僕の個人的なブログとなっていますが、最近ずっとお遍路さん記事が続いていました。
僕は場合は通常の1番から順番に周るのではなく、88番から逆の順番に周っていくという物で逆遍路と言われています。
4年に1回の閏年に行うと御利益が3倍といわれている物で、ちょうど昨年の2020年がその閏年になっていました。


そしてつい先日、高野山で最後の納経をいただき満願したわけですが、いつもは多くの人が賑わっている聖地もコロナの影響からか、全くと言っていいほど人がおらず、お店もほぼシャッターが閉まっていました。
社会全体を見ると、コロナによってこれまでの日常が変わり、テレワークやオンライン会議等のITを使った社会に切り替わろうとしています。

先日読んだ本で面白い事が書いてありました。
人間の脳から出ている神経の数が多い部位を絵にした時、一番大きくなるのが目ではなく、手になるそうです。

日本で電灯が普及したのは明治時代に入ってからで、それまでは電灯も部屋の明かりもない生活がずっと続いていた訳です。
つまり目で見る生活ではなく、人類は感覚を頼りにした生活を続けてきた為、手という感覚の神経が発達したようです。
それが近年ではパソコンが普及し、いまやスマホは1人1台という時代。感覚や触覚から視覚が重要視されてきています。
僕も仕事上、パソコンを使う事が多くて動画を制作したりしています。まさに上述している視覚の部分ですね。
最近ではエモい写真(感情的な写真の意味)や、シズル感(水滴がこぼれる様に料理が美味しく見える写真)を意識的した写真や動画が良しとされています。
もちろんその様に意識した物と、そうでない物の違いは見る側に伝わるので断然意識した方が良いですが、最近ではドローンを使った空撮映像をよく目にする事が多くなりました。それを見ていると確かに綺麗だなとは思うんですが、なんかリアリティーがないと感じるんです。流行りの言葉を使えば全くもってエモい物ではない様に感じるんです。それを言うと「お前は変わってる」とは「変なヤツだな」と言われるので、他の人にそれを言う事はないですが、映像としては本当に綺麗だと思うんですが、僕の感情には伝わってこないんです。

基本的に僕たち人間がドローンの様な景色を見られるのは飛行機の中だけですが、飛行機から見る景色も僕の中では映像的な非現実的に感じてしまいます。
一度、スカイダイビングをした事があるのですが、その小型飛行機はドアを全開で上空に向かいます。高度が上がっていく度に風を感じとても怖かった記憶があります。スカイダイビングの高度は約4000mで飛行機の高度は約8,000~1万2,000mの間になるので、飛行機に比べても全然高度が低い。
物理的に同じ上空にいて、まして高度が倍になるのに飛行機は怖くなくて、スカイダイビングが怖かったのだろうと考えた時、その違いは風を感じていたからだと思いました。

目で見る視覚に加えて風を僕の触覚が感じとり、それをリアリティーとして感じていた。
だからドローン映像を見ても綺麗だなという感情しか湧いてこないんだと思います。

「見るという事は感じる事。」

僕は古い人間なのかもしれませんが、それが現代の人間に備わっている正しい機能だと思っています。
しかし世界がコロナで覆い尽くされてしまい、人間は感覚の部分を捨てて新しい道に進むのかなと思うと少々寂しい気持ちにもなるのが本音でもあります。

目で見るのではなく感じた事は記憶としてずっと残ります。
まさに僕が学生だった頃に行ったBLANKY JET CITYのLIVEがそうで、いまでも多くのファンの方達(僕もファンの一人ですが)に支持されているのは、BLANKYの3人が表面的に見てもらう、聞いてもらう為にLIVEをしていたのではなく、心の奥で感じてもらう為の音楽だったからだと思います。
BLANKYが視覚を重視して演奏していたなら、おそらく解散から20年以上経った今でも多くの人を惹きつける事はなかったのかと思います。
解散以降、BLANKYの様なバンドが現れていないのは、そういった視覚的要素を重要視する社会の風潮も関係しているのではないかと勝手に考えたりしています。

そんな事を考えていた矢先、なんと2021年1月25日に高松TOONICEさんで中村達也さんと照井利幸さんのセッションLIVEが開催されるというビッグニュースが発表されました。


コロナ禍のなか、まさに生きている事を実感できる唯一無二のLIVE。

そんな大興奮も冷めやらぬなか、達也さんからご連絡が。
達也さんとのエピソードはこちら

福岡県小倉で開催されるドラム独奏LIVEの途中に高松に立ち寄ってくださるとの事で、急遽1月28日に高松TOONICEさんで投げ銭LIVEが開催される事になりました。



LIVEは人数限定の投げ銭スタイル。

入り口で検温や体調ヒアリングを実施してコロナ対策万全に行いました。
急な告知にも関わらず立ち見の方もいらっしゃる程の大盛況。

20時の開演にあわせて達也さんが登場、LIVEが始まります。
スタートからアクセル全開で叩く姿は他を寄せ付けないなんとも言えない迫力。
達也さんのドラムの音は耳だけではなく、身体全体から入ってくるよう。これこそが本当の音楽であり、LIVEなんだと実感。
ドラムを叩いている様子はまさに「目で見るのではなく、耳で聞くのでもなく、俺のドラムを感じろ!」と言わんばかり。
開演から休憩なしでずっと叩きっぱなしの1時間10分。
これこそが生きている証。僕はこの時、この場所に生きているんだと感じるLIVEでした。


LIVE後にみなさんで記念撮影

コロナによりデジタル社会が加速し、人と人との交流も少なくなっていく中、久しぶりに生きている事を実感できる日となりました。
これもお遍路さんの御利益かなと思いながら、LIVE後に厚かましくも達也さんに「2/19のLIVEはデリンジャーが聞きたいです。」とお願いしてみました。
そもそもセッションLIVEなのでBLANKYの演奏をしてくださるかどうかも分かりませんが、BLANKYが聞けたら最高ですね!


翌朝出発の前にBANKSにて記念撮影

達也さんまた2月にお会いできるのを楽しみにしています!

ーーーーーー

以下、2/19のLIVE情報をAUDIOさんのブログから引用


2月19日(金)、高松TOONICEにて照井利幸+中村達也 Session Liveを開催致します。

尚、本公演は新型コロナウイルスの感染対策を行ったうえで開催となります。

チケットをご購入頂く前に必ず注意事項をご確認頂きますよう、宜しくお願い致します。

※チケット発売日は2月1日(月)12時からとなります。

<追記1/25(月)16時>

イベント告知後より沢山の反響をいただき誠に有難うございます。

お知らせの通り、チケットの発売日は2月1日(月)12時からとなります。

本日、沢山のお申し込みをいただいておりますが2月1日(月)の12時より前のお申し込みは無効となりますのでご了承下さい。

再度、チケット発売日に改めてお申し込み下さいますようお願い致します。

———————————————-

■照井利幸+中村達也 Session Live
・DATE:2021年2月19日(金)
・A  T:TOONICE
     〒760-0050 香川県高松市亀井町8-8 森崎ビル B1F
     http://impulse-records.main.jp/toonice/
・OPEN/START 19:30-20:00
・TICKET:限定40名様・整理番号付 6,000円(別途1D)

※チケット発売日:2月1日(月)12時~

※チケット販売はAUDIOのみとなり、お申し込み方法はメールご予約のみとなります。

 店頭・お電話・DM等ではお受けしておりませんのでご了承下さい。

※お一人様1枚までとなります。

※前方椅子席、後方立ち見

 お席のご指定は出来ませんのでご了承下さい。

———————————————-

・TOTAL INFO
 AUDIO
 TEL:087-812-6491
info@beat-syndicate.com

———————————————-

———————————————-
<メールでのチケットご予約について>

※チケット申し込みアドレス: info@beat-syndicate.com
※件名に「照井利幸+中村達也 at 高松 チケット予約」と記載下さい。
※お名前(フリガナ)

※ご住所
※お電話番号
※メールアドレス
上記記載の上お申し込み下さい。
———————————————-
チケットに関するお問い合わせはお電話、またはメールにて。AUDIO TEL:087-812-6491

[公演についてのお問合せならびにチケットご予約について]
※公演についてのお問合せならびにご予約メールを確認次第、24時間以内に必ずご返信をさせていただいております。当店からの確認メールが届かない場合は、メールが正しく届いていない場合もございますので、その際はお手数ですがお電話にてお問合せ下さい。
※メールを送信の際、アドレスに間違いないか今一度ご確認をお願い致します。
※お客様で指定受信をされている方は、以下アドレスから受信出来るよう設定をお願い致します。

************************
info@beat-syndicate.com
************************

新型コロナウイルス感染拡大防止の取り組みとご来場のお客様へのご協力のお願い

【取り組み】

・チケットは全てデジタルチケットでの取り扱いとなります。

・ソーシャルディスタンス確保の為、収容人数の半分以内での参加人数で実施を予定しております。
 今後、収容人数の制限緩和があった場合はガイドラインに基づいた収容人数に変更致します。

・エリアごとに時間帯を分け規制による入退場を行う予定です。

・会場内の各所に消毒液を設置致します。

・会場内・ロビーの喫煙所を閉鎖致します。

【ご来場者様へのお願い】

・37.5度以上の発熱、咳など風邪の症状がある場合や体調の優れないお客様の入場をお断り致します旨ご了承下さい。

・ご家族やお勤め先、学校など、ご自身の身近に新型コロナウイルス感染症に感染した方、またはその可能性のある方はご来場をお控え下さい。

・ご来場の際はマスクの着用を必須とし、着用のない場合の入場はお断り致します。マスクのご提供はしておりませんので予めご了承下さい。

・会場入り口ならびに各所に手指アルコール消毒液を設置しておりますので必ず実施をお願い致します。

・飛沫感染防止の為、大声での会話・声援を禁止と致します。また、公演中の不要なお席の移動、来場者同士の接触はお控え下さい。
・客席、ロビーでは咳エチケットへのご協力と、会話はなるべくお控え頂きますようお願い致します。

・終演後はエリアごとに退場のご案内を致しますのでご案内順に、速やかなご移動をお願い致します。

※ご予約チケットはお申込者ご本人様のみ有効となります。新型コロナウイルス感染症の感染防止対策・二次感染防止策として、ライブ参加者の管理を一定期間行いますので転売ならびに譲渡は禁止しております。

[公演に関しての注意事項]
・会場内は撮影、録音、録画行為は一切禁止となっております。
・会場機材の設営など、やむを得ない理由により観覧位置の移動をお願いすることがあります。

・ご入場は整理番号順となりますので、早い時間からのお並びはご遠慮いただきますようお願い致します。

・ライブ会場での入り待ち・出待ち行為はご遠慮いただきますようお願い致します。

当公演に関わる全ての方の安全を確保する為、皆さまのご理解、ご協力の程よろしくお願い致します。