ヒーロー

Blog

【寄鳥味鳥(よりどりみどり)】鳥肉の素材を大切にした骨付鳥〜高松ゲストハウスTraditional Apartment〜

みなさんこんにちは。
花粉症で辛い日々が続いている管理人のDaisukeです。

先日、友人が高松にやって来た際に、骨付鳥を食べたいという事だったので、高松の老舗骨付鳥のお店’寄鳥味鳥’さんに行ってきました。

ーーーーーーーーーーーーーー
寄鳥味鳥

寄鳥味鳥さんは兵庫町商店街の中にありオフィス街の近くにある事から夜になるとサラリーマンの人達でいっぱいになる超人気店です。
海外向けの雑誌にも幾度となく紹介された事もあり、外国人旅行者にも人気のお店です。


目印は赤い看板。
お店は2階になりますので階段を上がっていきます。


お店に入ると昭和の名残りがあります。


カウンター席、テーブル席があります。
事前に予約をして行ったので待つ事はなくすぐに案内いただきました。


お品書きは壁にもありますが、メニュー表もあります。


寄鳥味鳥さんは骨付鳥の他にも酒の肴もありますが、骨付鳥をメインにいただくお店なので、お品書きは少なめ。

骨付鳥が焼きあがるまでに20分程度かかるので、それまでお酒をいただきながら適当に注文します。


まずポテトサラダ。
こちら一瞬で運ばれてきます。手作り感のあるポテトサラダでとっても美味しい。


こちらは鳥の皮酢。
甘酢とパリパリに揚げた鳥の皮がお酒に合います!


こちらはアジの南蛮漬け。
大きめのアジが一匹出てきます。小骨があるので気をつけながらいただきます。

骨付鳥には酢物の料理が良くあいます。


骨付鳥が焼きあがるタイミングとほぼ同時にとりめしが運ばれてきます。
とりめしはスープとセットになっています。


めちゃ美味しそう!


こちらお待ちかねの、若どり900円。
若とりというのは、ひなどりの事になります。
お店によって呼び名が変わるんですね。

では早速いただきます。
お味の方はというと、スパイシー感が抑えられて鳥の素材という感じ。
素材もよく柔らかい肉質の上に弾力性がしっかりあります。


そしてこちらが親どり 900円
親鳥は通常肉質が硬くて噛むのに苦労しますが、寄鳥味鳥さんの親鳥は程よい硬さ。
噛めば噛むほどに鶏肉の旨さが口の中に広がります。

骨付鳥を食べた後は無性に喉が乾くのが難点ですが、寄鳥味鳥さんの骨付鳥は素材を大切にスパイスを抑えているので、食べた後の喉の乾きがビックリする程ありませんでした。これはまたリピートしてしまいそうです。

観光客の皆様、骨付鳥を召し上がる時は寄鳥味鳥さんへ!

では場所の確認です。

=======
アクセス
=======

Traditional Apartmentからの行き方はこちらをクリック
Traditional House AKANEからの行き方はこちらをクリック

THEBANKSからの行き方はこちらをクリック

ーーーーーーーーーー

寄鳥味鳥(骨付鳥)

住所:〒760-0024 香川県高松市兵庫町1−24

電話番号:+81878228247

営業時間:17時00分~22時00分

定休日:月曜日、不定休(SNSにて告知)
ーーーーーーーーーー

高松ゲストハウス Traditional Apartmentのブログをご覧いただきありがとうございました。

観光客の皆様にとって香川県を中心に有意義な情報をアップしていきたいと思っておりますので引き続きよろしくお願いします。