紫雲出山はまだ3分咲きでした。。

ニューヨークタイムズの2019年、行くべき旅行先という事で、第7位に選出されたのは我ら瀬戸内の島々でした。
その紹介写真に選ばれたのは、香川県三豊市の「紫雲出山(しうでやま)」の夕暮れ時の写真でした。

2019年、瀬戸内地方の桜の開花は例年より遅く、高松市内でもまだ満開ではない様子。

という事で4月4日の早朝に紫雲出山の桜の開花を見るがてら、プチ香川旅行をしてきました。

まず紫雲出山がある香川県三豊市はTraditional Apartmentがある高松市から車で西に約1時間半の場所になります。

今年から頂上までの車両は通行規制がかかり、朝の8時から夕方の5時までは、途中の大浜港に車を止めてシャトルバスに乗る必要があります。
ちなみに大浜港から頂上までは約3kmあり登山がてら歩いていく事もできます。

早朝5時に到着し、通行規制はまだかかっていなかったので車で山頂に行ってきました。
大浜港から山頂までの道のりと山頂の様子をYoutubeにUPしました。

【Youtube】
↓↓
https://youtu.be/hApk-tLnmTw

桜はまだ3分咲きといったところでしょうか。。

ただ朝日に包まれた瀬戸内海の島々の景色はまさしく絶景。

紫雲出山の景色はニューヨークタイムズが写真に選んだのも納得ですね。

高松に戻る途中に、子供の神様で有名な「津嶋神社」立ち寄りました。

ここの桜はほぼ満開といったところでしょうか。

津嶋神社は橋でしかいく事ができず、その橋を渡れるのは年に2日だけしかありません。

普段はこのように通行止めとなっています。

今年は8月4日、5日に津嶋神社の夏季例大祭が開催されますので、そのタイミングで橋を渡る事ができます。

その時は橋に足場がかかります。

津嶋神社には無料の駐車場もありますが、8月4日、5日の夏季例大祭時には多くの人で賑わうため、JRかバスを利用する事をおすすめします。

【JR 津島ノ宮駅】

【バス停 東久保谷 詫間三野線】

 

時計を見たら8時前だったので、8時半から営業が始まる坂出にある「讃岐うどん がもう」に行ってきました。

 

ここは僕が高校の時によく通ってたうどん屋さんです。

【がもう】

学校からも近くて良く行ってましたが、当時はほぼ地元の人だけ。
観光客はほとんどいなかったです。

久しぶりに食べる「がもう」のうどん。とても楽しみです。

8時40分に到着すると既に行列でした。
約20人が並んでましたが、10分くらいで注文まで進みました。

僕は「あたたかいうどん」と「冷たいうどん」をそれぞれ2玉ずつ注文しました。
あたたかいうどんには「きつね」をトッピング。

合計450円でした。

味は学生時代と変わらずの流石の「がもう」のうどんでした。

 

食べる時はこのように外で適当に食べます。

 

駐車場も広くなってました。

高松に帰る途中に盆栽で有名な鬼無町があり、いつもお世話になっている盆栽の「花澤明春園」さんへ。

植え替えをしていた「紅葉」を取りに行ってきました。

根をかなり切ったので、芽が出るまで預かっててもらいました。

見違えるように美しくなりました。

そして鬼無を出て向かったのは高松市飯田町にある「スカイファーム」さん。

ここでは大人1700円、小学生1300円、3歳〜小学校入学前900円、2歳まで無料で約40分イチゴ狩りができます。

 

高松を4時に出発して、まあまあ行き当たりばったりでもありましたが、お昼までにこんな沢山の予定を消化できました。

・紫雲出山
・津嶋神社
・がもううどん
・鬼無盆栽園
・スカイファーム(イチゴ狩り)

なかなか香川の観光も面白いなと地元ながらに感心した1日でした。

 

 

もうすぐ瀬戸内交際芸術祭2019が開催されるので、是非みなさんも香川県へお越しください。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です