ドイツ出張日記(番外編)マックススタミナ③

 

’結婚式当日’
天気予報では1日中、雨の予報だったのですが、スポット的に晴れてくれて絶好の結婚式日和となりました。
午後12時。招待客約200名が揃ったところで一同教会の中へ。
まずは教会で立会人のもと、新郎新婦が永遠の愛を誓います。
このあたりは日本と同じような雰囲気です。
IMG_1268
教会での式が終わると場所を移して結婚パーティー前のお茶会です。
お茶会の前には教会の前で新郎新婦を囲んで親族や友人の記念撮影が始まります。
撮影も終わり、みんながパーティールームに移動した瞬間に大雨となりました。
見事に天気予報が当たったわけなのですが、外での記念撮影も無事に終わったので一安心です。
そうこうしているうちにパーティー前のお茶会がはじまりました。
ここでは各自が手作りのケーキやスイーツを持参してみんなで食べるというスタイル。
こういうところもナチュラルです。
時間にして約2時間くらい。
コーヒーなどを飲んで談笑します。
時計を見ると、針が午後5時を指していました。
IMG_1283
さあいよいよ結婚パーティーです(日本でいう結婚披露宴です)。
「新郎新婦の入場です!」
みたいなのはドイツにはありません。
新郎新婦は最初から会場内で席に着席し、パーティーが始まって最初に一言挨拶して終わりです。
来賓の挨拶、乾杯の挨拶、祝辞、、、
そんなかたっくるしいのはありません。
だから参加しているこっちもすごく楽しめます。
さあいよいよお待ちかねの料理です。
基本的に料理はビュッフェスタイルで各自がテーブルに取りにいくというもので、
最初はスープのみが運ばれてきます。
IMG_1279
ドイツは北国ということもあってスープは塩分濃いめです。
料理の味付けも基本的に濃いめなので、ドイツではうどんよりラーメンの方が人気があるのも納得です。
IMG_1280
料理は肉料理が中心でかなりボリュームがあります。
ドイツで飲食店を経営する場合は基本的にボリュームがないと、受け入れてくれません。
「美味しかった」=「お腹いっぱい」なのです。
みんなお酒も入り、良い気分になって来たところで、前方のスクリーンでビデオ上映が始まりました。
そう。僕が日本で撮影して送ったビデオです。
IMG_1281
新郎新婦の友人や親族が心のこもったお祝いの言葉をビデオに載せて上映しています。
コスプレした面白いメッセージや、真面目に撮影したメッセージもありました。
ダンスをしながら撮影したものも。
各々がアイデアを出しあった内容となっています。
ただ一貫して言えるのは、あまりふざけた内容ではない感じなんです。
しかも招待客の全員がスクリーンに注目して、その映像を見ています。
僕はドイツ語はよく分からないのですが、よーく聞いてみると、どうやらビデオレターの内容は全て
「愛」について語った内容なんです。
あっちゃー。俺のスピーチがノーカットで放映されたら少しマズイな、、。そもそもテーマが「愛」についてなんて聞いてなかったし。
ビデオも終盤になったところで、遂に僕のビデオレターの順番がやってきました。
Traditional のラウンジで撮影した映像です。
「結婚おめでとう。これから結婚する2人に、仲良く生活するためのポイントと、結婚生活に大切なことを伝えます。」僕が話す画面下には映画の様に字幕が流れています。
「まず仲良くする秘訣は、早く子供を作る事です。でも子供を作ると行っても、体力が必要になってきます。」みなさん真剣に聞いてくれています。
「そんな二人に’マックススタミナ!!’ サブタイトルは’Go all night!’今日は疲れたなーという時に飲んで頑張ってください。ちなみに僕の友人のK君は4時間ギンギンになったみたいです。」
場内は失笑です。
やばい!!
少し滑ってるじゃん(汗)
しかもカットしてくれてないし、、、
おまけに綺麗にドイツ語に翻訳されているし(汗)
そんな心配とは裏腹にスピーチは続きます。
「そうそう、4時間以上ギンギンの場合は救急車を呼んでくださいとあるので、その時は救急車を呼んでください」
場内はまたまた失笑です。。
Nooooooooooo!!
神様!もうここでストップしてください!!
この先は完全にブッ込んだスピーチなので、この雰囲気だと完全に滑ります!!
パーティーはまだまだ続くので、この場にいるみんなから冷たい目線で見られるじゃないですか!!
やっぱり、真面目なスピーチにしておけば良かったDEATH!!!!
そんな僕の感情を無視する様にビデオは続きます。
「え〜。次に結婚生活には3つの大切な袋があります。1つ目の袋は給料袋です。これはお金の管理をしっかりしなさいということ。」
場内は良いこと言うねー。
みたいなリアクションです。
2つ目の袋は堪忍袋です。これは相手を尊重して怒りをおさえ、何事も我慢が大切ということ。
場内はまたまた良いこと言うねー。
みたいな感じの雰囲気です。
もうここまで来たら腹をくくるしかありません。
もう滑ろうが、ブーイングだろうが仕方ありません。
その時はもう二度とドイツには来れない覚悟です。
さあ!覚悟は決めた!
ブッ込め〜!!!

 

「3つ目の袋は、、、、ずばり金玉袋です!」

ネットより転載

 

 

ほんの一瞬。時間にして0.1秒くらいだと思います、一瞬だけ場内は静まったんです。
しかしその後
ゲラゲラという大きな笑い声が場内に響き渡りました!
会場は大爆笑です!!!!
おー!!ウケた!!
やった!!ビデオスピーチ成功だ!!
「つまり金玉袋を大切にして、子供を作ろうということです。その為に必要なのが
はい ’マックススタミナ’です。

マックススタミナ

これを飲んで玉袋を大切にして、夫婦仲良くしてください!
ではこれを君たちに送ります!
Go all night! 御幸せに!」
僕のスピーチが終了すると、なんと会場内がスタンディングオベーションで僕のスピーチに拍手を送ってくれているではないですか!!
なんじゃこりゃ!!
まるでカンヌ映画祭で金獅子賞を受賞した時の北野武監督に送られたような、拍手喝采ぶりです。
3分くらいは拍手が鳴り止まなかったので、僕も観客の拍手に応えてお辞儀をします。
「どうも。どうも。」
どうやら僕のビデオが最後だったらしく、上映が終わると会場にいた男性陣が一斉に僕に詰め寄ってきます。
「Hey マックス!俺にもマックススタミナを譲ってくれないか?」
「マックス君。なかなか良いプレゼンだったよ。で君はここの社員さんなの?私もマックススタミナを譲ってくれないかな?」
ニックネームがマックスになっちゃいました(笑)
なんかみんな僕をマックスって呼ぶし、みんな僕の事をマックススタミナの営業マンと思ってます(笑)
結局、この日は朝の5時までパーティーは続き、僕はみんなからマックスと呼ばれ、マックススタミナの営業マンと思われ、
結婚式を盛り上げてくれたという事で新郎新婦にも感謝され、ガンガン飲まされ、良い気分で朝を迎えることができました。
’マックススタミナ’恐るべし。。。
マックススタミナのサブタイトルにある
’Go all night’の効能は嘘じゃありませんでした。
まさしく一晩中で、その効果を最大限に実感した1日でした。
以上、3回に分けて特にどーでも良い話でした。
ちなみに僕はマックススタミナは販売していませんので、お問い合わせには応じかねますので
ご了承願いまーす。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です