ドイツ出張日記4日目〜10日目①

みなさんこんにちは。
Traditional Apartmentの管理人のDaisukeです。
皆様いかがお過ごしでしょうか?
ドイツは曇りがちの天気が続いております。
先週末は少し休みを頂戴しておりブログも更新できませんでした。
というのも週末にドイツでの結婚式に招待され、そのパーティーの準備等でバタバタして
ました。

ここで少しドイツの結婚事情について書きたいと思います。

ドイツでは結婚式の前にまず、入籍式なるものがあります。
日本の市役所に婚姻届けを提出するものと同じなのですが、ドイツではこの市役所に婚姻届けを提出するのが非常に大切なものになります。

お花で装飾された車で花嫁、花婿がそれぞれ市役所に向かいます。
こちらが教会。
旧歩道。
こちらが市役所。
※オスナブリュックの市役所前広場は1648年にオスナブリュックとミュンスターとの30年戦争の講話条約が締結(ヴァーストファーレン条約)された場所でもあります。これに由来しオスナブリュックは平和都市を名乗ってます。

入籍式の前に、来賓(約100名)、両家含めて控え室に案内されます。
待たされること約30分。婚姻届けを提出する別室に案内されます。
豪華な部屋をイメージしていましたが、殺風景で事務的な部屋でした。
立会人となる女性が司会進行していきますが、冗談を言ったり、
新郎新婦に質問したりと、すこし和やかな雰囲気です。
そして新郎新婦ともに婚姻届けにサインをして指輪の交換です。

そして控え室にもどり全員でシャンパンをいただきます。
これにて入籍式終了。

入籍式の後はパーティー会場へと移動します。
BBQや自家製ビヤホールで来賓をおもてなしします。
ビールはVELTINSのピルスナービール。
非常に飲みやすくて日本人好みだと思います。
リンクはこちら。

BBQは日本のスタイルとは違います。
ソーセージやポークをグリルし、プレートにのせていただきます。
ドイツのポークはいつ食べても美味しいです。
お昼から始まったパーティーはまだまだ続きます。
何杯ビール飲んだことだかわかりません。。
とにかくみなさんよくビールを飲みます。
僕も負けじと飲みます。
グラスが空くとどんどんお代わりを持ってきてくれます。
とにかく飲む。
まだまだいきます。
はい!お代わりください!!
何杯飲んだんだろうとうくらい飲みました。
パーティーに参加したのは約60名でしたが、お酒を飲まない女性もいたので、その方々を勘案すると、約50名で50リットルのビール樽が空いた計算です。
ひとり10ℓ。。
さすがビールの国ドイツです。
夕焼けにうつるりんご。
パーティーが終わったのは深夜となりました。
結婚式本番はお昼からパーティーが始まって朝まで続くそうです。
翌日、近くの湖までサイクリングに行きました。

牛がいます。

 花が綺麗。

では皆様素敵な旅を。
Good Day go on a  Best Trip !!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です