ヒーロー

Blog

清流穴吹川でソロキャンプ〜高松ゲストハウスTraditional Apartment〜

みなさんこんにちは。管理人のDaisukeです。


前回の旅行紀ブログでソロキャンプをスタートさせるべく道具を買い揃えました。


前回のブログはこちらから


屋内CAMPのご予約はこちらから


道具を購入したはいいけれど、キャンプをスタートさせなければ何が必要で何が足りないかが分からないので、早速購入した物を持ってBANKSビルの2階のCAMPルームでドームテントを設営してみました。


ーーーーーーーーーー
コールマン ツーリングドーム/ST+

BANKSの屋内CAMPルーム、以前のご利用方法はテントでのご宿泊でしたが、いまはログハウス風のベッドを組み入れており、テントも2人用サイズでギリギリ張れるかなというところ。

ドームテントなのでペグ打ちもしなくても綺麗に立ち上がります。

こちらのテントの最大の特徴は遮光性の高さとテント内の温度上昇を抑えてくれる機能です。しかし室内においてはその最大限の特徴もよくわからず。。。分かったことといえば、簡単に設営できるという事(素人の僕でも15分あれば十分に設営できました)。


さてテントの設営も問題なさそうだし、次は実戦に移ろうという事で翌日キャンプに出掛ける事に。


小学校の同級生と一緒に野営CAMPに向かいます。一応名目はソロキャンプなのでお互いに必要な道具はそれぞれで準備するというルールのもと出発します。


出発と行っても目的地は決まっておらず、とりあえず塩江を抜けて穴吹川あたりを目指そうという気楽なノリで出発です。
必要な道具はすべてバイクに積み込みましたが、食材等は現地で調達の予定。約1時間半で穴吹川に到着です。




この日はバーベキューを楽しむ家族連れなどで賑わっていて、どの場所にテントを張ろうかと場所の確保に向かいます。
穴吹川を少し上流に行ったあたりに「BLUE VILLA ANABUKI」という場所があり、二又の瀬という整備された河原がありました。トイレもあるし駐車場もあるので、ソロキャンプのスタートはこの場所に決定です。



早速バイクを停めて荷物を降ろします。


荷物を降ろし食料の調達の前にテントを設営します。昨日の練習の成果もあってか、簡単に設営できました。




右側のテントは友人のツーリングドーム/ST


この場所から最寄りのスーパーはマルナカが一番近くて、バイクで約15分くらいになります。少し距離があるので、買い忘れがないようにしっかりと購入メモをとり買い物に行きます。先日購入したクッカーに小型フライパンとホットサンドメーカーを持参したので、お肉を焼いたり朝食にはホットサンドを食べる予定です。

買い物も無事に終わり、キャンプに戻り早速夕飯の準備をします。
炊飯係は僕が担当する事になり、先日購入したクッカーを取り出します。分量を見る限り2合は炊けそうだったので2合炊きます。

火を点けて待つ事約20分くらい。グツグツと煮立ってきてクッカーから水分が溢れ出してきました。上から蓋で抑えて蒸気を閉じ込めます。そして火を止めて約10分。少し固かったですが美味しいお米が炊き上がりました。


実はこの頃、蚊ではない小さな虫達が無数に集まってきてご飯を食べるどころではなく、写真を撮影するのにも苦労するくらいの虫の大群に襲われました。
料理にも虫達がどんどん入ってきて、ほとんど写真を撮れていません。。虫の対処を考えランタンを手元から離し、焚き火をする事に。


するといつの間にか大群の虫達は少なくなりました。



そしてお腹もいっぱいになり、虫もいなくなったところでウィスキーをいただきます。やはりCAMPと言えばバーボンウィスキー!

アーリータイムズをソーダ割りでいただきます。



お酒が進んで良い気分となっている頃、友人の姿が消えます。お手洗いにでも行ってるのだろうと気にせずにいたら10分くらいして帰ってきた彼が「酒に酔って川に入ると命取りになる」というような事を永遠と繰り返し呟いていました。「足を洗っただけなのに何で命に関わるんだろうと」酒に酔ってせいもあり、あまり気にせずにいました。翌朝携帯が水没して壊れたらしく詳しく話しを聞いてみると、昨夜足を洗いに川に入った所いきなり深みにはまり胸くらいのところまで川に入ってしまったそうで何とか川から抜け出して戻ってこれたという事。昨夜は僕も酔っ払っていたので、そんな事が起こっていたなんて気がつきませんでした。確かに酒に酔っ払って音楽もかけて気持ち良く過ごしている状況だともしかしたら声を出されても気付かなかったかも。。そう考えると確かに川や海は恐ろしく、事故には十分に気をつけようと思いました。


朝、先に目を覚ましたのは僕で、友人が起きる前にコーヒーとホットサンドを準備をします。
肝心のテントはとても涼しく(計算していたわけではありませんが、日陰でテントを張っていたようで9時くらいまでずっと日陰でした)快適で寝心地も最高でした。自分の部屋で寝るよりも涼しくて快適だったかもしれません。



まずはクッカーでお湯を沸かします。

それと同時にフライパンでチキンを焼きます。チキンが焼きあがったあたりで友人が起きてきました。



挽いてもらったコーヒーをドリップしてもらいます。お湯を沸かすようのクッカーは前日に使用したのでクッカーからコップにお湯を移してそこからドリップします。



ホットサンドのチキンも焼き上がり、レタスとトマトとチーズ、マヨネーズ、ケチャップでパンを挟みます。





そしてそのまま直火でホットサンドメーカーに火をかけます。




以外と火力が強くて目を離している隙にすこし焦げてしまいました。


次は焦がさないようにと再チャレンジ!




今度は上手く焼き上がりました。早速いただきます。
ホットサンドは瀬戸内Whiskey’sでも提供していたので、味には自信があります。友人も「美味しい!」と言って完食してくれました。


朝食を食べ終えてテントの撤収とゴミの片付けをしてソロキャンプ2日目は無事に終了です。


先日僕が購入した物以外で必要だと感じた物は、

・ミニテーブル
・チェア(スツールではないもの)
・フライパンもしくはホットサンドメーカー(クッカーだけだと料理に限界がある)
・クッキングシート(フライパンに敷く物)
・携帯電話のモバイル充電器(思った以上に電池がなくなった)


このあたりは次回のソロキャンプ時には揃えて持参しようと思います。もちろん移動手段にもよりますが、僕の場合は自転車でのソロキャンプが最終目標なのでなるべく荷物を軽量化していきたいと思います。