【豊島】バイクで行ってきました③〜高松ゲストハウスTraditional Apartment〜

壇山を降り、せっかく豊島に来たので、島内を一周してからアート作品をみにいく事にしました。

家浦港から左回りに県道255号線を走ります。

家浦→甲生→唐櫃の順番で走ります。

甲生から唐櫃にある豊島美術館のあたりにインスタ映えで有名は豊島の坂道があります。

本日の多くの観光客の方が写真を撮影していました。

バイクで駆け抜けると絶景でした。

 

バイクだと島内一周すれば約30分程度、これ自転車だとアップダウンがかなりあるから大変ですよね。。

 

家浦港に戻り、横尾忠則さんの美術館がある、豊島横尾館に行ってきました。

 

 

ーーーーー

豊島横尾館

建築家の永山祐子氏が古い民家を改修し、館内にはアーティスト横尾忠則さんのの平面作品が展示されています。

中は撮影禁止なので、外観から。赤のガラスが異色を放っています。

 

豊島横尾館を観たあとは、すぐ隣にある、古民家カフェ「てしまのまど」さんで休憩をお勧めします。

 

 

ーーーーーーー

てしまのまど

古い古民家を改装した店内はとても雰囲気が良く、豊島の雰囲気にもバッチリです。

ただし早い時間に行かないと食事が売り切れますので注意してください。

 

時計を見ると15時となっていました。

帰りは唐櫃から小豆島に渡り、そこからフェリーで高松に帰る事にしていたので、

唐櫃港から小豆島のフェリーは16時25分。それを逃すと今日中に高松に帰るのは非常に困難になるので、

残り1時間、もう一箇所だけアート作品をみに行くことに。

家浦から唐櫃方面に向かいます。

 

ーーーーーーーーー

クリスチャンボランスキー心臓のアーカイブ

世界中で採取した人々の心臓の鼓動を聞くことができます。

また自分の心臓の音を録音することも可能。

心臓の鼓動に合わせ、室内のライトが点滅する空間は不思議な感覚になります。

 

急足でアートをみて、唐櫃港へ。

宇野行きと小豆島行きに分かれて出航します。

船がきました。これに乗って小豆島に向かいます。

 

唐櫃港から小豆島までは1540円。小豆島までは約30分。

 

土庄港到着

 

ここから高松港行きのフェリーに乗り換えます。

小豆島から高松港は約1時間。料金は1820円。

夕暮れ時と重なり、夕日を見ながら帰ってきました。

サンポート高松。

 

結果、豊島へはバイクは楽だけど、移動が大変でした。

しかもトータルの船代(バイク積載込み)は7250円となかなか高いです。

できることなら高速船で豊島に渡り、島内では自転車をレンタルするのがベストかもしれません。

 

ーーーーー

豊島(家浦港)でのレンタルバイクはこちら

↓↓

 

緋田石油

住所:香川県小豆郡土庄町豊島家浦2148−1

電話番号:0879-68-3006

営業時間:7時〜19時

 

ーーーーーーーー

瀬戸内カレン

 

住所:

営業時間:8時半〜17時半

利用料金:1日1800円

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です