【大塚国際美術館】入館料3240円の価値〜高松ゲストハウスTraditional Apartment〜

みなさんこんにちは。

高松ゲストハウス Traditional ApartmentのDaisukeです。

瀬戸内国際芸術祭2019の夏会期中は朝は清掃、昼からメールチェック、夜はチェックインと日々の業務を回す事だけに専念し、なんとか乗り切りました。

夏会期も終わり、瓦町フラッグにあるジュンク堂書店さんでこの様な本を見つけました。

なせ世界のエリートはどんなに忙しくても美術館に行くのか?

出版社:SBクリエイティブ

 

 

こちらの本には、アートをいろんな視点で見る事の必要性や、想像して、いろんな人と意見を交換する重要性を書いています。

これからは考える事がもっと大切になってくる時代になるため、アート作品を使って考える癖をつけようというもの。

正直、本のタイトルと中身はあんまり関係ない様になっていますが、内容はまずまず納得できるもの。

早速実践しようと思い、ゲスト様もたまに訪問される大塚国際美術館に行ってきました。

 

 

ーーーーーーーーーーー

大塚国際美術館

ゲストの方もたまに訪問され、「よかったー」という声を聞きます。私はまだ行った事が無かったので実際に行ってきました。

写真は入り口入ってすぐのシスティーナ・ホール。ちなみに館内の写真撮影は可能です。

 

1.駐車場

駐車場は大塚国際美術館から少し離れた場所にあります。

無料駐車場となっていますが、必ずチケットを持参し館内で無料スタンプを押す必要があります。

バスは5分おきに到着します。

バスは5分で大塚国際美術館に到着し、そのままチケット売り場に停まります。

チケットは左側は券売機で現金のみ、右側が窓口でクレジットカードも利用できます。

料金は

一般(大人)3240円、大学生 2160円 小中高校生 540円と大人に厳しく子供に優しい料金となっています。

4人家族(お父さん、お母さん、子供2名)で行くと、7560円の入場料となります。

 

2.館内MAP

館内は5階建となっています。入り口からエスカレーターを登り、B3に上がります。

そこから展示がスタートし、地上2階まで続きます。

B3階は中世、古代のアート作品

B2階はバロック、ルネサンス

B1階はバロック、近代

1階、2階は現代アート

という階層になっています。

 

3.館内

チケット窓口の隣が入り口となります。

入り口を抜けるとエスカレーターがあり、これに乗りB3階まで登ります。

エスカレーターを降りると左手に喫茶コーナーがあります。

そのまま中に入ると、システィーナ・ホールに入ります。

館内は順路に沿って矢印がありますので、迷うことなく順番にアート作品を見ることができます。

ちなみに大塚国際美術館は世界初の陶板名画美術館というキャッチコピーで、古代壁画から世界26カ国190余の美術館が所蔵する現代絵画まで

至宝の西洋名画を原寸大で1000点展示しているということです。

6名の選定委員によって厳選された、美術品を大塚オーミ陶業株式会社の特殊技術によってオリジナル作品と同じ大きさに複製しているようです。

つまり大塚国際美術館に展示されているのは複製されているものだが、限りなく本物に近い複製ということになります。

こちらの縄文式土器も複製で製作しており、実際に手にとって重さを体現することもできます。

またその時のプロセスを工程にしてくれ、学ぶことができます。

4.作品

 

このような感じでB3階〜地上2階まで1000点の作品がありますから、1作品に10秒としても、

166分、約3時間かかります。。

 

5.名画

有名なレオナルドダビンチの最後の晩餐もあります。

これは実際にミラノで本物を見ました。大きさは同じかもしれませんが、

本物はかなり高い位置に描かれているので、こんな迫力で見れるのはある意味すごいことです。

ゴッホの消失したひまわりの再現されています。

ムンクの叫びも。

フェルメールの真珠の耳飾りの少女も本物と遜色ありません。

モナ・リザも

現代アート、ピカソのゲルニカもあります。

 

6.まとめ

入館料3240円は当初、高いと思いましたが、中に入ってみるとその価値は十分あるかと思います。

まず全てのアートを見ようと思うと、ほぼ1日がかりとなります。映画は約2時間で1800円なので、

1日3240円で楽しめると思えば安いですよね。

また複製にかかった技術や、その工程を学べるところなど、通常の美術館とは違いよかったと思います。

ただ写真撮影可能等、本来の美術館という感じではなくアートのテーマパークと行った感じで訪れるのが良いかと思います。

大塚国際美術館というよりは大塚国際アートテーマパークのようなイメージです。

ただ本物はヨーロッパを中心に各地、分かれているのでそれを複製ではありますが一気に集約して見れるのは大変貴重なこと。

これを機にまたヨーロッパへのアートの旅がしたくなりました。

 

 

ーーーーーーー

場所の確認です。

車で行く場合、高松からだと高松中央ICから高速に乗り、鳴門北ICで降ります。

高松からだと所用時間は約1時間程度でいけます。

Traditional Apartmentからの行き方はこちらをクリック

Traditional House AKANEからの行き方はこちらをクリック

THEBANKSからの行き方はこちらをクリック

 

 

 

ーーーーーーー

大塚国際美術館

住所:徳島県鳴門市鳴門町土佐泊浦福池65−1

電話番号:088-687-3737

営業日:火曜日〜日曜日(9時半〜17時)

定休日:月曜日

 

ーーーーーーーーーーーーー

瀬戸内国際芸術祭2019 秋会期まで残り29日

高松ゲストハウス Traditional Apartmentのブログをご覧いただきありがとうございました。

観光客の皆様にとって、香川県や中心に有意義な情報をアップしていきたいと思っておりますので引き続きよろしくお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です