ヒーロー

Blog

【タイと日本を繋ぐ会社】〜高松ゲストハウスTraditional Apartment〜

3年くらい前から、タイ人旅行者の方が度々TAに来られる様になりました。タイでは香川県の認知度は低いと思っていたので、驚きと同時に香川県に来た理由を尋ねると、「タイで香川県を舞台にした小説が流行っている。その舞台となっている香川県を訪れてみたかった」という事でした。そしてゲストとして利用してくれたそのタイ人の方が帰国後に本を送ってくださいました。


 



それから数ヶ月して、新しいのタイ人の方がTAに宿泊される事になり「最近タイ人旅行者は多いなー」と思ったりしました。その方は取材で香川県に訪れているという事で、チェックインの際に、社長も近くにいるので挨拶に立ち寄られるという事でした。

 


そこで初めてお会いしたのがコリ企画の比護社長でした。

 


タイで会社を経営されているという事で、タイで流行している小説の話をすると、「私たちが作った小説だよ」と
淀みのない声でサラッと話をされました。頭の良い人(勉強ができるとかの話ではない)というのは、会話をするだけで分かったりするものですが、頭の回転が早いだけでく、会話にユーモアがあり、人を惹きつけるオーラ、カリスマ性というのを強く感じたというのが第一印象でした。

  


そして2018年11月、タイのバンコクで行われた四国インバウンド商談会でホテルや旅館、自治体に混じって1社だけゲストハウスとして参加しました。
初めての商談会。ましてや初めての商談会が海外の旅行会社という事もあり、何を準備していいのか分からなかった僕は日本から大量の寿司キーホルダーと柿の種を商談会のテーブルに広げ「なんでこんなお土産を準備したのだろう」とテンパっていた僕を見つけ、暖かい言葉で緊張をほぐしてくれたのが香川県のPRとして商談会に参加されていた比護社長でした。ご自身も忙しい中、僕の様子をみかけすぐに声を掛けてくださるその優しさに救われたのを覚えています。
 



ちょうどその頃、両親の整体院のHP制作をさせてもらったタイミングでもあり、それをご覧いただき今回のWebサイトのお話をいただきました。自分にとっては本業外でもあり、お仕事を受けさせてもらうかどうか悩みましたが、香川県をタイにPRしてくださっている感謝の気持ちと、比護社長のパワーの源、そしてそれを形として世に創出できる力はどこにあるのか知りたくなり、HPの制作を受けさせていただきました。HPを制作させていただく過程で何度も打ち合わせをさせていただき会社についてお聞きしました。表面的なデザインが良いWebサイトではなく、本質を理解しそしてそれをHPに乗せて発信した物を作りたい。打ち合わせを重ね、僕の中でそのような気持ちが強くなっていきました。
知れば知るほど奥が深く、表面的な仕事をするのではなく、クライアントの懐に入り考えていく、そして会社の利益だけではなく、日本やタイ社会全体の利益を考えていく会社なんだと思いました。
 

 

 

現在、コリ企画様は福島県の観光レップ業も担当し福島県のタイ人旅行者の増加にも大きく貢献されています。
当面はコロナの影響で海外旅行は厳しい状況にあるかもしれませんが、今後日本のインバウンド旅行客は東アジアから東南アジアへシフトしていく事になります。
また僕たち観光業界にとっても当面は苦しい時代が続くかもしれませんが、人に寄り添い、人の気持ちになって考え、それを的確な言葉と、進むべき道を示してくれるコリ企画様は、日本の観光業界にとって非常に大切で社会的価値の高い企業さんだと思います。
 

 



今回のHPは、僕が感じそして皆様に伝えたいコリ企画様の人柄が分かるような「暖かさ」を表現したサイトになっていて、僕自分自身とても好きなHPです。
 


長文となりましたが、まだ日本語版のみとなりタイ語はこれからですが、一人でも多くの方にご覧いただきそしてシェアしていただけますと幸いです。
ちなみにHP制作はTRIVEZINEという名義でさせていただいております。


https://koriplanning.com/

ーーーーーーーーーーーーーーー
 

【香川県の四季を描いた恋愛小説】

https://koriplanning.com/work/香川県の四季を描いた恋愛小説4部作/

ーーーーーーーーーーーーーーー
 

【タイ人向け福島県サイト WeloveFukushima】
https://welovefukushima.com/