ヒーロー

Blog

【コスタリカの旅〜DAY3】コスタリカでサーフィン〜高松Traditional Apartment〜

サーファーの聖地ウィッチーズロックの近くの町、ココビーチで夜を明かした僕たちは、翌朝散歩がてらにビーチに行くことに。
完全な内海となっており、波はなく穏やかな海です。また砂浜はブラックサンドで高知県にある双海ビーチ(波のない双海)を思いださせてくれます。


とりあえず朝食を食べようという事でビーチ近くのレストランに入りました僕達はコスタリカの伝統的な朝食をいただきました。
昨日の船のチャーター状況を確認するも本日乗り合いする人は誰もいない様子。
ちなみに1人の場合、3万円必要でしかも波が無い可能性もある訳なんです。。。
せっかくここまで来たんだからという思いと、波がなかった場合の事を考えポラスに相談し、陸路で行けるサーフビーチに連れて行ってくれるとの事。
サーファーの聖地ウィチーズロックにはいつか必ず行きたいと思います。

さて昨日思った以上に時間がかかってしまった為、ビーチでゆっくりする時間がなくなってしまった僕達は本来なら1泊のところ、もう1泊しようと決めました。早速ココビーチのビラの管理人にもう一泊した旨を伝えて、準備をして出発です!

ココビーチから陸路で行けるサーフビーチにタマリンドというビーチがあります。車で約1時間程度の場所にあり、3人でそこに向かいます!

途中で道を確認する為に、ビーチにいた人たちにタマリンドまでの道を聞きます。

このビーチでは観光客向けにホースライドをしてて、沢山の馬がいます。


道を教えてくれた人はその馬の管理人といった人でした。しかも彼の目は真っ赤でなにかとマリファナを吸っているのか、やたらとテハイテンション。
ちょっと何を言っているのか分からない感じでしたがとっても良い人で陽気に道を教えてくれました。
さらに車で走る事20分。タマリンドビーチに到着です。


タマリンドはスモールワイキキビーチという雰囲気で、雑貨屋や飲食店といったお店が通り沿いに並んでいます。

かなり欧米の方が多い印象です。


さて車を停めた僕達は早速、ビーチに向かいます。
すると目の前には大パノラマのビーチ!!

こんなにも広大なビーチは日本ではなかなか見る事はできません。昔行ったオーストラリアを思い出します。


ビーチには沢山のレンタルボード屋さんがあります。
どこもそんなに変わらないので、手っ取り早く車の近くのレンタルボード屋で1日レンタルをお願いします。
ビーチから見る波はそこまで大きくなさそうなので、ロングボードを借りる事に、

1日使い放題で約1000円程度。

ボードを持ってまずは荷物を置ける場所を探します。


適当な日陰を見つけ、早速海に昔ます。


海に入る前にスイカで水分補給。


小さく見えていた波ですが、段々近づいていくと、、


オ風はオフで完璧な波!!
しかも波サイズはセット頭はあろうかというサイズ。

パドリングでアウトに出て行きます。
人も少なく、みんなが波を譲り合っててストレスフリー。
日本では考えられません。

アウトに出て、波を待ちます。
日本人は僕以外誰もいません。

待つ事5分。セットが入ってきました。
パドリングして波に合わせゲット。サイズは胸〜肩で分厚い波。
レギュラーで走ります。最高の1本目でした。

コスタリカ最高!!

しかし悲劇はこの後訪れます。。。
頭サイズはあろうかという波に乗った時、ボトムターンからトップに向かおうとした時、思った以上に波のブレイクが早く一気に波が崩れてきました。
しかもいつも使っているボードではなく、レンタルボードだったので感覚が違い、波をまともに受けてしまいました。その衝撃がボードから腰に伝わり、腰と背中に激痛が、、、。
おそらく長時間の車がこたえたのか、背中と腰を痛めてしまいました。
波は最高なのに、もったいない。。。
泣く泣く1時間で海から上がってきましたが、
大自然に囲まれ素晴らしいロケーション。サーファーの聖地ウィッチーズロックにはいけませんでしたが、タマリンドというコスタリカを代表するポイントでの夢のサーフィン。


ポラス、メリ本当にありがとう!!